2011年08月28日

悪魔城伝説 BEGINNINGのタブ譜

ファミコンBGMを語る上で外せない悪魔城シリーズから悪魔城伝説1面の曲です。おそらく作曲は船橋淳さんではないかと思われます。たしかFCタイニートゥーンアドベンチャーズ、SFCがんばれゴエモン3、SFCバットマンリターンズもこの方。間違っていたらごめんなさい。

悪魔城1作目がホラー映画のパロディ作品ということで、80年代のB級ホラー映画同様HM/HRを元にしたBGMになっています。元々ファミコンによるロックサウンドが少なかったこともあり、熱いロックに初めて触れた当時の小学生の心を鷲掴みにしました。

音源面ではVRCVIにより、矩形波x2、鋸波x1が追加され計7トラック(三角波除く)の豪華な構成になっています。鋸波によるベースがとにかくカッコイイ!

今回のタブ譜では、バンドでアレンジしてから演奏することを前提に、ベースの譜面追加、そしてレギュラーチューニングで演奏できるよう元キーから1音上げて、Emとしました。



beginning_guit.png

beginning_bass.png


posted by stad at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギタータブ譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーマリオブラザーズ3 地上BGMのタブ譜

誰もが知っているマリオシリーズ3作目から最初のステージの曲です。作曲はゼルダシリーズや新・鬼ヶ島でも有名、というか、楽曲の知名度だけでいえば化物レベルの近藤浩治さん。

マリオサウンドの特徴はなんといってもリズム。ゲームスピードをそのままリズムに落としこんだような、まさにゲームを遊びながら聞くための楽曲です。曲を聞けば画面が浮かび、画面を見れば曲が浮かぶ、これぞ職人芸。


supermariobros3_og1.png


posted by stad at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギタータブ譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

バルーントリップのタブ譜

ジャウストを元に任天堂がアレンジした名作、バルーンファイトから「バルーントリップ」です。作曲はアニメ「ポケットモンスター」の主題歌で有名な田中宏和さん。
矩形波と三角波2和音の曲なんですが、残りの1トラックを打楽器として使用しています。メロディも裏拍や三連を強調しているため、非常にノリの良い楽曲に仕上がっていますね。曲調は南国風。カリブあたりのサウンドが合いそうです。
ノーマルゲームのゲームオーバー時に流れるわずか4小節の曲もノリノリ。どちらの曲も聴きどころは三角波で奏でられるベース。グルーブのお手本のような休符を堪能しましょう。
ちなみに海外発売された「Balloon Kid」の国内リメイク「ハローキティワールド」では、田中さんご本人の手によるバルーントリップアレンジがいくつか聴けます。こちらも秀逸。筆者は「ハローキティワールド」2面の曲を聴いて大笑いしてしまいました。

-

baloontrip.png

難易度:★☆☆☆☆
ギターとベースに分かれています。3連のノリと休符をしっかり意識して演奏しよう。


posted by stad at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギタータブ譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。